FC2ブログ

無敵超人の独り言…

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > おすすめラノベ > 傾物語の感想

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

傾物語の感想

おすすめラノベ 2011.01.07 Fri

遅れながらも化物語シリーズ最新作の傾物語を読み終わりました。

まよいキョンシー

迷子の小学生 八九寺真宵 
彼女のために犯す阿良々木暦の取り返しのつかない過ちとは。

という宣伝文句だったのだが殆ど八九寺はでてきません。
阿良々木と忍の話です。

時系列は、猫物語(白)は夏休みが終わり2学期開始初日からの話だったが。
今作の傾物語は、夏休み最終日の話になってます。

今回、猫物語(白)の裏方の話が聞けると思ったのに残念でした。
次作の花物語りでやっと、猫物語(白)の同時期の裏方で動いてた阿良々木くんの話が聞けそうです。

今回の話で気になるのは開始早々ちょっろと出てくる新キャラです。
まったく今回の話とは関係ないと書いているし実際そうだったのだが。
本当になんでコイツだしたのって感じだ。
いきなり出てきても意味不明だし次巻への伏線としても別に要らないって感じだったな。

別にそのキャラ自体の否定ではなくて今巻の冒頭でコイツを出す必要があったのかが疑問だ。
普通に、次巻でだせばいいと思うんだけど。

まぁそれ以外は特に不満もなく八九寺は出番少なかったが面白かったです。
それに、まさかの超展開が繰り広げられマンネリもないですね。

あと着ボイスがDLできたが微妙だった…
番宣とかじゃなくて普通に「メールだよ」とかにして欲しかった。
スポンサーサイト
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。